おとなの前菜は副作用があるのか成分を調べたら…。

おとなの前菜 副作用

おとなの前菜で毎日の健康管理していきたいですよね。

 

機能性表示食品だから効果が実証されているので安心して食べることができます。

 

しかしそんなサプリメントでも毎日食べていたら副作用とか出てくるのではないか気になりませんか?

 

そこでおとなの前菜は副作用があるのか調べました。

おとなの前菜に副作用はあるのか

おとなの前菜 副作用

 

まずはおとなの前菜がどのような原材料を使用しているかですよね。

 

おとなの前菜の原材料は

難消化性デキストリン、ぶどう糖、はちみつ、柚子果汁、寒天、こんにゃく粉、黒大豆種皮抽出物/ゲル化剤(増粘多糖類)、酸味料、香料

 

ごく一般的な成分が配合されています。

 

他の商品と違うところは難消化性デキストリンという機能性表示成分が含まれています。

 

難消化性デキストリンは食物繊維不足を補う目的でトウモロコシから作られています。

 

この難消化性デキストリンは食物繊維であります。

 

食物繊維は腸の動きを良くして腸内の残渣物を絡めて外に排泄する働きがあるのです。

 

この作用が時にはお腹を下したり下痢することがあります。

 

副作用というよりはお腹の動きが活発になり便通が良くなりすぎるということです。

 

便秘気味の方にはとてもいいですが下痢気味の人はお腹を下しやすくなるかもしれません。

 

おとなの前菜 副作用

 

おとなの前菜はサプリメントであり食品に分類されます。

 

食品ですので薬のような副作用が出ないと考えていいでしょう。

 

しかし上記の成分からアレルギーが出たり体調がおかしいと思われる場合は飲むことを休止してください。

 

まとめ

・おとなの前菜の副作用はお腹を下すかもしれない。
・難消化性デキストリンは食物繊維であり多くの方が口にしても安全である。

 

そんなおとなの前菜なのですがどこで売っているのかご存知ですか?

 

薬局で市販されているのか楽天やアアゾンで販売されているのか調べました。

 

>>おとなの前菜を購入できる販売店を見てみる。